Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

物色する暇がない

Goodwillでの「めっけもの」 - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト

Goodwill、子供服の寄付で良く利用します。買う事は滅多にありません。たまに学校の帰りに立ち寄った時も、ウェイトレスのバイトに応募しようと黒のポロシャツを買ったぐらいです。私が見たGoodwillは地域性もありろくなものが無かったと思います。服も流行おくれだし、第一不愉快になってしまうのでどうしようもありません。時々賢く節約しようと買ったものも着ることが無く結局また寄付に回し、運営には貢献しています。目が無いのでしょうか。私にとってはまだターゲットなどのクリアランスで安かろう悪かろうの新品を買って着る方が良いという感覚です。どうしてもこれだけは譲れません。

靴もTJmaxxやマーシャルズなどディスカウントショップで調達しますが、安心して着られるものはやっぱり普通の店で買ったものです。たとえそれがGAPやJ Crewなどモールのセール品であったとしても安心して着られます。センスが無いからでしょうね。もっと余裕があればここの服が買いたい!というのはもちろんあります。

ただ引っ越しが多いしまだ家も買っていないので、家具はちょこちょこ物色していますがなかなか良いものはソールドアウトのタグが付いています。古い学校からもらった一枚板のテーブルをダイニングに置いていた人が居たけどそのようなものが手に入らないかなと思っています。