Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

一発あてた人

お金に困窮していた私への啓示 - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト

カジノは教育に悪いですが大人にはお金のテーマパークのようですね。

ものは試しに、一人で何回かやってみましたが勿体なくなってやめました。もう一切行く気はありません。用があって通らざるを得ないところがネバダ州の難といえば難ですね。ゲームセンターにも行かないフロリダのママ友からすれば子育ての方針が違う、と結論づけられた事でしょう。

当たった話:人づてに聞いた話では夜中に当てたアメリカ人が札束を抱えてにこにこしながら去っていったそうです。時々何千万か当てたという人もいるらしいです。若い学生観光客が大当たりした時も千ドルつぎ込んだらしいのですが、そこまで掏っても良い覚悟で臨んだというのが驚きです。

お金の無い時にギャンブルすると欲をかいて丸裸になりますが、人間の心理をついたずるい胴元は無慈悲です。やくざ同然の商売ですね。当てたら速やかに去る。と思っています。沢山の従業員が家族を養う為に働いています。わたしももっと英語が出来れば雇ってもらえるかも知れませんね。

でも知り合いは他州でのロトで高額当選し、ヘッドオフィスのある市まで飛行機で受取に行ったそうです。それも2回。すごいですね。

柳の下にどじょうはいない

人の痛みがわかる人間になれ

(昔なぜかこのように面識の無い人物に上から目線で戒められました。どんな噂聞いたんでしょかね、まったくこちらのセリフなんですが、今でもあきれ返っています。聞いた人はまず同意するでしょうからね。腹黒い人達です)