Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

移動走行距離2540マイル= 4087.7Km、 (稚内ー那覇は3500Km)

 

こんな事は自慢にもならないのであまり人に言うつもりは無かった。今頃やっと話す気になれたのだが、一昨年末の引っ越し程緊迫した思いは無い。新しい引っ越し先や学校を決める為の下見には飛行機を使ったのだが、実際の移動には2台の車と一緒に移動、家財道具だけ引っ越し業者に依頼するというダブルで行った。なぜそのような無謀なと思うかもしれないが、知り合いには結構経験者がいた。尤も知り合いの彼らも一台を交代で運転しながら、という常識の範囲内で収まる行いだった。私たちも最初はそのようにしようと考えていた。しかしながら業者との連絡のミスで車の引っ越しが含まれておらず、2台同時に、それぞれが一日中ハンドルを握りながら移動する事になった。まず、時間がかかっても明るい昼間だけ運転することにした。一日の移動距離を計算し、目的地を決める。朝出発する時にベストウェスタンなど家族で安心出来るモーテルがあるか下調べしておく。2時間運転をしたら休憩する。眠気防止にガムを噛む。ホテルでは休息を取る。このようにしていたが、何も起こらなかったというわけでは無い。無事に移動出来た今だからこそ言えるが、絶対に他人にはお勧め出来ない。子供も私の車の後部座席で朝9時から夕方暗くなるまで良く我慢してくれた。今、ブログに書いておこうと思い立ち改めて距離を計算して驚いたが、稚内から那覇まで以上の距離を運転したことになる。マイアミの南からフロリダ州を抜けてアラバマを横切り、ミシシッピー州ハティスバーグへ。ハティスバーグ(南ミシシッピー大学近辺)から更にテキサス州ダラスへ。ダラスから雪のニュースを聞きアルバカーキーとフラッグスタッフ経由の予定を変更して南のテキサス州ペコスへ。(唯一の楽しみだったホテルをキャンセルした)エルパソ(メキシコ国境の近く)を通過し、ニューメキシコ州を抜け、アリゾナ州ツーソンへ。ここで食料品の買い出しにベストウェスタンの人の勧めでアジアンマーケットへ。生ワカメや奈良漬が置いてあった。着々と西に近づいている事を実感し、アリゾナ州ツーソンからサボテンの山脈を抜けてネバダ州へ。暗くならないうちにたどり着いた。フロリダ、ミシシッピー、ダラス、ペコス、ツーサンと計5泊の長旅だった。

最初の休憩地点ウェストパームビーチ。憧れのウェストパームビーチのはずだがもう思い残す事はない。そしてこれがフロリダターンパイク、走行約2時間の各地点にあるレストエリアだ。

f:id:talkoftown:20150518030950j:plain

午後の出発だったのでフロリダ州内で一泊。おなじみのラ・クインタだ。

f:id:talkoftown:20150518033300j:plain

テキサス州のステートライン。大きな州だ。

f:id:talkoftown:20150518031241j:plain

GPS(カーナビ)が壊れ、ペコスのウォールマートへ。二度と立ち寄ることはない、小さな店だ。テキサス州をドライブしていると、運転席の両脇から排気ガスを出すトラックに多数出くわした。昔観たトラックが執念深く追いつめるホラー映画を思い出した。(*激突!:スピルバーグ’73)怖かった。風車が多数回っていた。コットン畑もあった。奥が深い。

f:id:talkoftown:20150518033506j:plain

これはアリゾナ州ステートライン。何もないところが物珍しかった。

f:id:talkoftown:20150518031334j:plain

 

おまけの最後は新しい土地での災難。地下駐車場でカーナビ盗難に。(このリスクを冒す価値ある?)エポカのコートは無事だった。

治安悪いんか。

f:id:talkoftown:20150518031453j:plain

さすがにこのホンダ、長旅には耐えられなかったようだ。ガタが来るのが予測より早く、しょっちゅうトリプルAのお世話になり昨年やむなく売却。マイアミの浸水地帯から来たので、砂漠地帯では水に浸かった車という烙印を押されたようだ。予定使用年を乗り切れなかった。残念だ。

若い頃東京からロスへ一人旅をした。レンタカーで気ままに旅をした。ビーチやダウンタウン、ハリウッドなどを運転した頃が懐かしい。

ここからロサンゼルスへ行くには寂しい山を超える。フロリダターンパイクのような休憩施設が整った道路を想像していた私が間違っていた。大変寂しい、何もない道だ。

mー