Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

矯正歯科と今日このごろ

子供の歯の見積もりが出来た。保険会社はカバーするというが、その金額は微々たるものだった。やはり。5000ドル位の治療費に対して600ドル位のカバー。

よく見るとApprovedという文字は患者が払うこと、という紛らわしい書類・・・とにかく、親は払うよ。これから大変だなあ。

日本にいた頃には財布から出すお金が1000円でも高いと感じた。皆が気軽に病院へ行けるので安心して暮らせる。ただ、歯の矯正は保険が効かない。また、虫歯の充填も保険が効く銀だ。これはこちらの国ではチェックアップの度に指摘される。詰め物が取れたと訪れても簡単な処置さえしてくれない。こんな治療方法知らないよとばかりに白いセラミックで根本的にやり直すように言われる。これはこちらで教育とトレーニングを受けた先進技術の歯科医での話だ。歯の治療技術が比較的遅い国で教育とトレーニングを受けた歯科医師が営業しているところだと直してくれるが、クオリティはそれなりにニーズにマッチしている。とにかくこちらでは本当に歯は大切なのだ。

サイドビジネスで密にやっているライターだが、写真とペンネームで記事を書けますかと打診されたので、美容室に行った。写真の件はお流れになったけど念のために撮影しておこう。いつ死ぬかもしれないし、遺影にもなるよなあ・・本当に東京で有名美容室に行ったようなクオリティだった。やはり混んでいるようで、なかなか予約が取れないらしい。私はこれまでアメリカの美容院ではコミュニケーション不足と相手の技術がアジア人に向いてなかったことでろくな目にあってこなかった。髪の量が多い、とエクストラチャージされたり・・こちらの美容師ライセンスの取得は日本とは違って簡単だ。半年位だったか(私もライセンスが取れるか調べたことがあるのだ)日本では2年かけてみっちり技術を取得する。シャンプーマンから始まってカットが出来るようになるまでにも時間を要する。また相性もあり、自分の望みどおりにはならないこともある。とにかく、今回の美容師さんはすごい人だなあと思った。

若い頃は今より髪も肌も綺麗だったはずなんだけど、コスメやヘアケアに熱心だったなあ。エビアン水のスプレーなんかを買って顔にかけてみたり(今思えば無駄遣いにもほどがある)皆がそうだったように記憶している。仕事が終わったらソニプラで化粧小物を見て時間が過ぎる。7時や8時までぶらぶらして考えごとをする。公園を歩いたり好きな場所に行ったり。自由だったような監視されていたような、割と不自由で思い通りには動けなかった。これは今でも同じ。わかるんですよ。

これからはもっとインカムを増やして節約して、身だしなみもきちんとしたいですね。