Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

発熱でアンサンブルフェスに行けず(子供)

アンサンブルフェスだから一人ではない。相手の子には申し訳ないことをした。高校生だが何かできることはないだろうか。これに出ると評価される。その子はボランティアもしている。評価されるために練習をしていた。もちろんうちの子も。昨日の夜、リハーサルをしていてなんか顔が赤い。どうしたのと手を当てると熱い。早めに8時過ぎに寝かせたが、38度以上の熱が出ている。今は40度。とてもじゃないけど行けない状態だった。土壇場で発熱…こんなことは初めてだ。体調管理が悪かったのだろうか。

風邪はどこから感染するかわからないが悪化させないように整えるのが親の役目だ。忙しすぎたのだろうか。

風邪気味で咳をたまにすることはよくある。先週もその調子でそのうち治るパターンのはずだった。金曜の朝、寝坊をして朝シャワーをしたあと、髪を濡らしたまま出かけようとしていたので風邪をひくから乾かすように言ったが遅れるのでそのままでかけた。ならスウェットシャツのフードをかぶれと言ったら私の発音でFoodと聞こえて言われたのでいつものようにどんな発音、教えてとやりあったので覚えている。Hoodと手本を示して出かけた夜に発熱した。風邪のウイルスの調子と体調の加減もあるので何時から発熱するかなど誰も予測は出来ない。今現在発熱してから42時間経過し、やっと微熱に戻ってきた。無理をして出かけていたらもっと悪化させていたかもしれない。大人になれば熱でも無理をして仕事をするが、体が出来ていない子供の頃には無理だと思う。相手のお父さんが正しい判断をしてくれた。うちの子にうつっても困るから。とテキストしてくれたのでごもっとも、正直なところだろうとお礼を言った。私たち母親はせっかく練習したので出られる(熱が下がったら)出させてあげたいと考えた。

でも熱はやはり下がらなかった。正しい判断ができる父親というのが家庭には必要なのだろうな。そのような役の人間が。私が今はそれかな。そのうち彼の心の中で頼る人間が出来てくるかもしれないな。っていうか必要だろうな。自分の成長期を顧みて、親身になってくれる人が居なかったことが大きかったように思う。親類縁者が離れて暮らす核家族、我が家という一軒家の周りはどのような心の人間が暮らしているのか想像もできないような縁の無い土地だった。成長期に頼りにしたい人間がいない時自分がしっかりしていないとどうなるかは身をもって経験している。この子にはしっかりしてもらいたいがその素質はあまり見当たらない。親が気を付けて悪い交友関係には目を光らせてやらないといけない。そしてそれは複雑(一見親しげでも裏があったり)なのだ…。

子供と向き合って、もしもこの子が病気になったら取返しがつかないなあ、疾走するのはよいが、子供のためにペースダウンしてあげないとな、向き合ってあげないとな、内職もよいけど栄養のある料理や手作りのお菓子をもっと作ってあげないとな。

と思った。

親として食事を与える時無理強いはしないが、チャンスを見て野菜やスープなどの健康に良い食べ物がどういう風によくておいしく感じるかを伝えてきた。ジャンクはおいしく感じるけど、このように体に悪いということも出典を示して(子供は私の英語を信用してない)説明してきた。もっとうまく徹底させてあげたいが、肉類ばかりが好きなのは成長期の男の子だから仕方がない。比較的安価な外食は添加物を入れたり食べやすくしてリピーターを増やすために細工してあるのだが、子供はもともと健康なのでその影響が蓄積されるまでは気にしていない。親がコントロールしているが環境が強すぎて合わさざるをえない。他所のおたくでは夕食もピザだからうちもそれでいいやとなったりする。その間に合わせの頻度が問題なのだ。ピザは月に2回ぐらい、ハンバーガーは月に一回と決めているが難しい、出来合いのデリでのローストチキンやらサブやらもあるし、家についてから調理を始めて7時ごろにちゃんとした夕食を母子でとる日は週に3回ぐらい。これを5回にするのだ。疲れている時にサブウェイが食べたい!と言われたらつい買ってあげてしまうのをやめる。根性がいるなあ。(作り置きを温める、スロークッカーを利用することもやっているし手早くレンジを利用するやり方も、野菜を切って保存しておくこともしている。なんだかすごく馬鹿にされているみたいだけどそれほど間抜けではありません)

私の料理の中では、いろんな野菜を細かく切って入れた(ネギ、大根、ニンジン、豆腐など)味噌汁が好きで玄米や卵焼きが好物。カレーやミートソース、手巻き寿司や卵チャーハン、オムライスが好き。シーザーサラダ、キュウリの浅漬け、納豆も好き。外食だとハンバーガーやピザも大好物。手作りのカスタードプリンやカップケーキ、フィナンシェも大好き。私が得意な焼き魚や煮つけ(かぶと煮ぐらい強い味付け)や手作りハンバーグ、手作り餃子も好き。でも最近テスティクル(睾丸)あたりが痛み、病院へ行ってダイエットの指導をうけ糖質ゼロダイエットにしてかなり体重は減らした。子供はカレーには白米が好きだが買っていない。敢えて玄米を与える鬼親だ。もっとバラエティに富んだ内容で行きたいのだけど、食べないものを作る労力を考えて休みの日などにしている。普段の日は決まったパターンで時間が刻まれていく。ライターの仕事をしている時にはコンピューターゲームで遊んでいる。もっと連れ出してあげないと。こちらではというか我が家の住宅事情ではその辺で遊べとは言えないのだ。親が休日は計画してマイアミではよくつるんで遊ばせてあげていた。もう学年も上がってその必要がなくなったので油断していたのかもしれない。

本当にこれは失態だ。子供は熱で寝ている。私は反省の時間としている。

先生にも申し訳ない事をした。一生懸命指導してくださったのに、すべて無となった。