Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ガープの世界のプー

昔ジョンアーヴィングのガープの世界という映画を観た。そして小説を読んだ。覚えがきとして、プーの存在の意味が理解できる。改めてこの作家はすごいなと思う。