Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

民度の大人度に憧れます

イタリアの地下鉄でおどろいたこと - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト

昔インテリアの勉強中に真面目に訪れたイタリアは、イギリス経由でミラノ、フィレンツェ、ローマと回りました。いろいろな建築を見て回りました。

ベニスとナポリにも行きたかったのですが、日程的に無理でした。もしチャンスがあればこちらの方も訪れてみたいなと思います。

個人的感想では、建築以外ではウフィツィ美術館が大変素晴らしかったです。

今度もし旅行ができるのなら、今度はもう一度ドイツに行きたいです。冬場が良いかな。ベートーベンの家は大変古い建築のにおいがしました。漢字だと良いか悪いかの表現しか無いので敢えてひらがなで書きました。

ドイツ人のおちつき(大人度)や感情の温度が心地よかったです。

ミラノの警官、パリの警官がかっこいいと思いました。ロンドンやドイツは普通かな。マイアミは短パンが涼しげで悪くはないかな、女性はかっこいい人が多かったです。演じているみたいですね。ピタッとしたユニフォームでモーターバイクに乗って、ヘルメットを取ると美しい金髪をなびかせてスピード違反なんかを取り締まるんですが、ブロマイドのような自分の名刺を渡します。男の人は気分いいだろうなと思います。かっこいいですね。

日本の警察官は、一般的に生真面目に帽子を被っているような印象が強いです。お勤めご苦労様です。お世話になります。